ゆずキングとサンセットグラミィ

看護師という仕事に就いていると、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。だから、というわけではないかもしれませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。働きづめの病院もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというようなことがあるようです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。看護師の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることもままあります。仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。ですが、それだけではなく、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ただ働きで残業をさせるのは、新人だということは何の言い訳にもならず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、もし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて看護師の仕事となっております。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしくゴタゴタする夜を過ごすこともあります。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日が休日になるでしょう。何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。大変だと知りつつ、看護師という職業を志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程に大きな満足感も得られる仕事なのです。休みを自由にとれて、したい仕事を選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職してみても良いのではないでしょうか。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、最近ではこれを行っている病院は多いです。看護師の個々の能力を、間違いなく評価することを可能にするため、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、年に一度だけ、という病院もあるようです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。高い給料をもらっている看護師でも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。病院以外の働き口も看護師には多く、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。ですが、本業で勤めている病院で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人事を担当する人の考えによって左右される場合もあるかもしれません。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、うっかりミスなどが無いようにしましょう。もう一つ、薬のことも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。それに対して、看護師は、医師の指導に則って、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、エッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。こういった勤務形態ですから、睡眠時間をうまく調整できない場合は結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてとても現実的な理由としてお給料を多くもらえるということがあると思います。働き始めて最初の給料を鑑みても、同世代の新入社員と比較してより高い給与を得ていることが分るはずです。ただ、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、まず間違いなく、病棟で働くことになります。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「看護師」を使うことでまとめられることになったわけです。人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接試験を受けることになります。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。休日や時間休も取れますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大変多いようです。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため職場に戻ってきたりする人もじりじりと増えていっているようです。かなり以前は、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という点でははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなくいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療の仕事を行う人々というのはまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。ですから、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、いまだに看護師不足が叫ばれているのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。とはいえ、出戻ってこれるのかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こういった事例は増加しています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として復職を果たす、という人も増えてきています。正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。もちろん、その他のところでも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに働きやすい職場へと、転職することもできるのです。比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、そうした規定に沿って支払われます。一方、個人経営の病院になると、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが大体の相場らしいです。時間いくらのパート勤務にしてはなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。病院で病棟勤務に就いている看護師なら12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤をこなしていくことになります。日勤と違って夜勤は人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。ですから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。ところで、更なるスキル向上を狙って別の仕事先を探す人も一定数います。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。

ゆずキングとサンセットグラミィ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です